肌が弱いひとはスキンケアに何を使うか、かなり迷うと思います。コスメや化粧水はその代表だと思います。

コスメや化粧水を知っているか
コスメや化粧水を知っているか

コスメや化粧水を知っているか

誰かに、一番のコンプレックスは何?と聞かれたら、私は肌と答えるでしょう。それくらい、自分ではどうしようもない、他人からは重要視される部分だからです。
美肌については本当にたくさん勉強しました。
食事や環境、睡眠にスキンケア用品、季節に体質、またはコスメ。それらを知ってたくさんのことを試しました。
そのなかで私が一番悩んだのがスキンケア用品でした。
他のものは摂取してはいけないものや、してはいけないことなどを具体的に挙げてありました。
その為それをそれをそのまま実行することができました。

しかし、スキンケア用品は正しいや正しくないがありません。毎日使う化粧水。ドラッグストアやデパートなどに行けば、本当にたくさんの種類が並んでいます。
パッケージには、何に効力があるかやどんなひと向けかを記入してあることも多いです。

しかし、それを信じて使用しても肌にダメージを受けることもあります。
また、同じように見えても値段がかなり違うこともあります。


では、何を基準に選べばよいのでしょうか。
人気なものを使ったらいいのか、高いものほど効果があるのか、無添加が肌にいいのか、本当に謎が多いです。
調べるだけでは答えはありませんでした。
そんななか、私がたくさんの化粧水を試してわかったことがあります。
それは、あっているものではなく、自分にあっていないものを見つけることです。
使ってみて自分には刺激があるなと思えば、それは何故なのかを知る必要があります。
成分に注目します。
何度か同じことがあると、そのどれにも共通した成分が含まれていることがあるはずです。
それが自分に不要なもの。時期によって変わることもあるでしょう。
しかし、しばらくすると自分にあったものが見えてきます。
大まかなものは血液検査などで知れますが、細かくまで知ることはできません。分からないとなやみつづけるより自分に出切ることで改善策を用いることが、今の自分より明るい未来に繋がります。